音楽センター建設写真
ひき割り緞帳下絵
レーモンド展示写真
哲学堂構想模型
哲学堂(旧井上邸)模型
音楽センター建築模型第3案
音楽センター建築模型第2案
音楽センター建築模型第1案

  アントニン・レーモンド ギャラリーの展示内容

音楽センター建築案模型
第1案(アリーナ型)全体が円形で中央にステージを設けた折板三十六角形の建物歌舞伎等が上演できないことから却下された

 1998年製作 1/200 高崎市美術館 蔵 
音楽センター建築案模型
第2案(シューボックス型)9つの緩やかなアーチが並んで全体を覆う劇場、舞台上にフライタワーを設けた。当時としては、特に目新しいデザインではないが落ち着いた風格を持つ建物。
ステージのフライタワーが市役所望楼より高くなることから、城址の景観をそこねることから却下された。

 1998年再製作 1/200 製作 レーモンド設計事務所
音楽センター建築案模型
第3案(プロセニアム・扇型)2つの建築案から2年後に作られた、現在の音楽センター最終建築案。
この案は銀座にあった歌舞伎座の平面の上に、レーモンドが扇型の図をラフに描いたことから始まった。その作業が音楽センターの原型となった。

 1998年再製作 1/200 製作 株式会社三沢建築研究所
高崎哲学堂第2案模型

 1998年再製作 1/150 製作 北沢建築設計事務所
旧井上房一郎邸模型(高崎市美術館で展示)
レーモンドの手がけた住宅 井上邸
旧高崎哲学堂、現高崎市美術館

 1998年再製作 1/100 製作 有限会社伸建模型
  展示 写真
   
   音楽センター
   
   旧井上邸
    写真撮影 北田英治氏
   
プライベートのレーモンド

 写真提供 北澤興一氏
       三沢浩氏
群馬音楽センター 全景と内部
  写真撮影 新井眞一氏

音楽センター建築時
ひき割り緞帳下絵

制作 石沢久夫氏
原画 アトニン・レーモンド(ポエム)
『自伝 アントニン・レーモンド』 原稿
   株式会社三沢建築研究所 寄贈

         

                                      戻る