公演概要
 — Performance
outline — 

終 了
岸 惠子 一人芝居
「わりなき恋」
各アイコンのクリックで購入ページへ

日時:

2016 年 12 月 14 日(水) ~
2016 年 12 月 15 日(木)

会場:

料金:

全席指定 5,500円(友の会5,000円)
※未就学児の入場はご遠慮ください。

チケット発売日:

窓口販売
2016 年 10 月 09 日(日)10:00~
インターネット販売
2016 年 10 月 09 日(日)13:00~

問い合わせ:

主催:

高崎映画祭委員会・高崎音楽祭委員会

共催:

後援:

ラジオ高崎

プレイガイド:

日時:

平成28年12月14日(水) 18:30開演(18:00開場)
平成28年12月15日(木) 14:00開演(13:30開場) 【残席わずか】

出演等:

出演/原作/脚色:岸 惠子
ピアノ:細井 豊
演出:星田 良子

概要:

2013年に発表されるや、たちまち27万部を突破するベストセラーとなった恋愛小説『わりなき恋』を、著者・岸惠子みずからが舞台化

2016年冬。 新しい伝説をあなたは目撃する

女優・岸惠子が高崎で舞台を踏む必然

今春3月、第30回高崎映画祭の特別賞を受賞した岸惠子さんは、授賞式に列席するため60年ぶりに高崎の地を訪れた。高崎市民・群馬県民に愛され親しまれてきた映画『ここに泉あり』の象徴ともいえる女優の登場に会場は湧き上がった。
その縁で、今秋9月には高崎音楽祭のオープニングコンサートにトークゲストとして再び登場。岸惠子と群馬交響楽団の夢の再会が果たされることとなった。
この二つの出来事は、音楽のある街・高崎、そして映画のある街・高崎の原点が、岸惠子にあることを裏付けた。誰もがそれを確信したことだろう。
そして今冬。女優・岸惠子が取り組む一人芝居「わりなき恋」公演が実現する。この出逢いと縁に感謝したい。

 

チラシ:

サムネイル