公演概要
 — Performance
outline — 

終 了
第85回日本音楽コンクール受賞者発表演奏会

日時:

2017 年 06 月 30 日(金)
18:30 開演(17:45 開場)

会場:

問い合わせ:

高崎財団
TEL.027-321-1213

主催:

入場方法:

公募招待・無料(全席自由)

申込方法:
郵便はがきに
郵便番号、住所、氏名、電話番号、希望人数(一通につき2名まで)を明記して応募
370-8501 高崎財団事務局 日本音楽コンクール係宛
(5月31日必着)

問い合わせ:高崎財団 027-321-1213(平日8:30~17:15)

出演:

橋爪惠梨香(オーボエ部門1位)
戸澤采紀(バイオリン部門1位)
樋口一朗(ピアノ部門1位)

渡邊一正(指揮) 
群馬交響楽団(管弦楽)

概要:

世界に羽ばたく演奏家の登竜門として行われている日本音楽コンクール受賞者による発表演奏会。
期待の若手音楽家たちと群馬交響楽団との共演をお楽しみください。

企画:毎日新聞社

曲目:

モーツァルト : オーボエ協奏曲 ハ長調 K.314
(オーボエ:橋爪惠梨香)
メンデルスゾーン : バイオリン協奏曲 ホ短調 作品64 
(ヴァイオリン:戸澤采紀)
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ハ短調 作品18 
(ピアノ:樋口一朗)
※3曲とも全楽章を演奏します

プロフィール:

樋口一朗(ピアノ)
桐朋学園大学在学中。第24回九州山口ジュニアコンクール中学の部最優秀賞グランプリ受賞。第8回熊谷ひばりピアノコンクール金賞、あわせて埼玉県知事賞受賞。第35回飯塚新人音楽コンクール1位。あわせて、文部科学大臣賞、朝日新聞社賞等を受賞。第8回安川加壽子記念コンクール入選。第7回桐朋ピアノコンペティション3位。学内成績優秀者によるスチューデントコンサートに出演。2016年第85回日本音楽コンクール1位。あわせて、野村賞、井口賞、河合賞、E.ナカミチ賞受賞。これまでに、青柳晋、M.ヴォスクレセンスキー、B.リグットの各氏のレッスンを受講。中村順子氏、現在、岡本美智子氏に師事。

戸澤采紀(バイオリン)
東京藝術大音楽学部附属音楽高校在学中。2014年クフモ音楽祭「オレグ・カガン」メモリアルスカラシップを受ける。第30回神奈川音楽コンクール大賞、部門別最優秀賞および神奈川県知事賞を受賞。第2回桐朋学園ジュニア音楽コンクール1位。第69回全日本学生音楽コンクール中学校の部東京大会1位。全国大会1位。あわせて、横浜市民賞、兎束賞、東儀賞受賞。2016年クフモ音楽祭ヤングアーティスト。2016年第85回日本音楽コンクール1位。あわせて、レウカディア賞、鷲見賞、黒栁賞受賞。エコール・ジェラール・プーレ第5、6期生。これまで保井頌子、玉井菜採の各氏に師事。

橋爪惠梨香(オーボエ)
相愛高校音楽科を経て、相愛大学音楽学部に入学。卒業後渡独し、2012年ドイツ国立カールスルーエ音楽大学修士課程を卒業。2013年にフランス・モンベリアール地方音楽舞踏演劇学校にてディプロマを取得。2014年に帰国し、関西を中心に演奏活動を行う。2016年第85回日本音楽コンクール1位。あわせて、瀨木賞、岩谷賞(聴衆賞)受賞。これまでに朝倉祥古、故岩崎勇、清水明、土井恵美、古部賢一、高島受賞。美紀、トーマス・インデァミューレ、クリスティアン・シュミット、ジャック・ティスの各氏に師事。

渡邊一正(指揮)
東京フィルハーモニー交響楽団レジデントコンダクター。広島交響楽団正指揮者、東京フィルハーモニー交響楽団指揮者を歴任。NHK交響楽団をはじめ、日本国内の主要オーケストラへ定期的に客演しており、オペラ、バレエでも新国立劇場などを指揮。海外公演ではサンクトペテルブルク交響楽団定期演奏会に客演するなど、海外でも活躍している。ピアニストとしても8歳の時に東京交響楽団、東京フィルと共演。ハンス・ライグラフ教授に師事。オーケストラと弾き振りを含むプログラムを行うなど、ピアニストとしての才能も評価されている。

群馬交響楽団 (管弦楽) 
1945年戦後の荒廃の中で文化を通した復興を目指して創立 、1955年、「群響」をモデルに制作された映画「ここに泉あり」が公開され、全国的に注目を集めた。1947年から始めた移動音楽教室は、2016年度までに延べ630万人を超える児童・生徒が鑑賞、1982年からは高校音楽教室が開催されるなど、群馬県の文化の象徴として県民から幅広く支持されている。 
1981年からは群馬県の支援により音楽活動を充実させ、1994年には「プラハの春国際音楽祭」、 「ウィーン芸術週間」 から同時に招待を受け4カ国を巡る海外公演を実現。
2003年にはNHKテレビ番組「プロジェクトX~挑戦者たち~」で楽団の草創期が紹介され、2004年には天皇皇后両陛下、デンマーク国女王陛下同王配殿下をお迎えしての移動音楽教室を開催した。2014年に定期演奏会が500回を数え、2015年11月には創立70周年を迎えた。
群馬交響楽団は、大友直人音楽監督のもと、定期演奏会、移動音楽教室をはじめ幅広い音楽活動を展開している。