公演概要
 — Performance
outline — 

完 売
マリア・ジョアン・ピリス
ピアノ・リサイタル
各アイコンのクリックで購入ページへ

日時:

2018 年 04 月 10 日(火)
19:00 開演(18:30 開場)

会場:

料金:

全席指定 10,000円(友の会9,000円)
U-25 3,000円
※税込
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。
~5公演セット券販売について~
高崎財団主催コアホール公演(2018年4月~8月)5公演セット券(19,000円、文化事業友の会入会要)を高崎シティギャラリーで販売します。※予定枚数終了しました。

チケット発売日:

窓口販売
2018 年 02 月 09 日(金)10:00~
インターネット販売
2018 年 02 月 09 日(金)13:00~

問い合わせ:

主催:

プレイガイド:

概要:

引退を宣言した現代最高の実力派女性ピアニスト
最後の日本ツアーを324席で聴く

※チケットは完売いたしました。

出演:

マリア・ジョアン・ピリス (ピアノ)

曲目:

~オール・ベートーヴェン・プログラム~
ベートーヴェン / ピアノ・ソナタ第8番 ハ短調 Op.13「悲愴」
ベートーヴェン / ピアノ・ソナタ第17番 ニ短調 Op.31-2「テンペスト」
ベートーヴェン / ピアノ・ソナタ第32番 ハ短調 Op.111

※当初発表したプログラムから変更がありました(2018/1/30)。
※今後も演奏者の希望により曲目が変更になる場合がございますのでご了承ください。

プロフィール:

■マリア・ジョアン・ピリス(ピアノ) Maria João Pires,piano
現代を代表するピアニスト、マリア・ジョアン・ピリスは、芸術への真摯な姿勢、語りかけるような表現力、そして生命力にあふれた演奏で聴衆の心をつかんで放さない。
リスボン生まれ。4歳で初めてステージに立ち、9歳でポルトガル政府より青少年音楽家に対しての最高賞を授与される。その後リスボン大学、ミュンヘン音楽アカデミー等で学ぶ。
その長い演奏活動では世界の主要都市でのリサイタルやウィーン・フィル、ベルリン・フィル等の著名なオーケストラ、アバド、シャイー、ブロムシュテット等の指揮者との共演を数多く行っている。また、録音も多く、特にモーツァルト、ベートーヴェン、シューベルト、シューマン、ショパン等数多くの名盤を残している。1970年以降、芸術や音楽が人間や社会に与える影響を研究し、その成果として世界中の学生と共に学ぶ「パルティトゥーラ・プロジェクト」を立ち上げ、数多くのワークショップを行ってきた。
ピリスは2018年のシーズンをもって引退することを公式に発表した。今回が最後の日本ツアーとなる。

チラシ:

サムネイル