公演概要
 — Performance
outline — 

発売中
畠山美由紀のコンサート
各アイコンのクリックで購入ページへ

日時:

2018 年 07 月 20 日(金)
19:00 開演(18:30 開場)

会場:

料金:

全席指定 4,000円(友の会3,700円)
U-25 2,000円
※税込
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。

チケット発売日:

窓口販売
2018 年 04 月 20 日(金)10:00~
インターネット販売
2018 年 04 月 20 日(金)13:00~

問い合わせ:

主催:

プレイガイド:

概要:

オリジナル代表曲の他、畠山が愛する名曲の数々を、盟友メンバーと共に歌い奏でます。

出演:

畠山美由紀(ボーカル)
小池龍平(ギター)
織原良次(ベース)

プロフィール:

畠山美由紀 Miyuki Hatakeyama(シンガー・ソング・ライター)
宮城県気仙沼市出身。みなと気仙沼大使。宮城県みやぎ絆大使。
現在は(2012年〜)、FMヨコハマ 生放送番組「Travelin' Light」(土/11~13時)のDJとしても活躍中。カフェブームの先駆者“Port of Notes”、“Double Famous”のボーカリストとして活躍する中、2001年ソロ・デビュー。2011年、東日本大震災で被害を受けた故郷・気仙沼を想い、アルバム「わが美しき故郷よ」を発表し話題になる。2015年、サントリーウイスキー角ハイボールCMソングを歌唱。2016年7月から1年間、ソロ・デビュー15周年を祝い「15th anniversary year」と題し、アコースティック編成から、オーケストラ55人の大編成まで様々なコンサートを開催し大盛況に終える。また、NHK「ようこそ先輩」「The Cover’s」「歌謡コンサート」「うたコン」などにも出演。生きる歓びと悲しみ、目に見えない豊かな世界、畠山美由紀の歌声の中には、この人生をより愛おしく生きるための確かな手触りがある。聴く人の心に寄り添う歌を歌い続ける。
hatakeyamamiyuki.com

小池龍平 Ryuhei Koike(リズム・ギタリスト&シンガー・ソング・ライター)
bonobos、LITTLE TEMPO、畠山美由紀とのデュオで活躍する傍ら、サポートミュージシャンとしてもアン・サリー、村上ゆき等さまざまなジャンルのシンガーと共演。ナチュラルで優しい歌声と、様々なリズムが深く絡み合った独特のアコースティック・リズム・ギターは高く評価されている。
http://ryuheikoike.com/

織原良次 Ryoji Orihara(フレットレス・ベース)
大学在学中からフレットレス・ベースに専念、世界的にも極少数派である完全専業フレットレス・ベース奏者である。ベース・マガジン2016年5月号(リットー・ミュージック)からジャコ・パストリアスの奏法を基礎から掘り下げた「ジャコから学ぶ、ベースを弾くための基礎知識(全12回)」連載。現在、畠山美由紀、アン・サリー、けもの、小野リサのコンサート・ツアーなどに参加。
http://mid-orihara.com

チラシ:

サムネイル