公演概要
 — Performance
outline — 

発売中
セルゲイ・カスプロフ
ピアノ・リサイタル
各アイコンのクリックで購入ページへ

日時:

2019 年 02 月 09 日(土)
14:00 開演(13:30 開場)

会場:

料金:

全席指定 3,000円(友の会2,700円)
U-25 1,500円
※税込
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。

チケット発売日:

窓口販売
2018 年 10 月 05 日(金)10:00~
インターネット販売
2018 年 10 月 05 日(金)13:00~

問い合わせ:

主催:

プレイガイド:

概要:

古きソ連時代の響きを感じさせる強靭なピアニズム、無二の個性

2015年11月、高崎で鮮烈な日本デビューを果たした超然の表現者、再び―

出演:

セルゲイ・カスプロフ(ピアノ)

曲目:

J.B.レイエ / ハープシコードまたはスピネットのためのレッスンⅠより アルマンドとクーラント
J.B.レイエ(L.ゴドフスキー) / ルネサンス 第2集より サラバンド
(原曲:ハープシコードまたはスピネットのためのレッスンⅠ Slow Air)
J.B.レイエ / ハープシコードまたは、スピネットのためのレッスンⅠより ジーク
J.B.レイエ(L.ゴドフスキー編曲) / ルネサンス 第2集より ジーク
(原曲:ハープシコードまたはスピネットのためのレッスンⅠ「6つの組曲」より第1組曲 ト短調 ジーク)
ラヴェル / 夜のガスパール
ムソルグスキー(ファインベルク編曲) / 歌曲集「死の歌と踊り」より セレナーデ
ムソルグスキー(フドレイ編曲) / 禿山の一夜
ムソルグスキー / 展覧会の絵

プロフィール:

■セルゲイ・カスプロフ(ピアノ) Sergei Kasprov,Piano
モスクワ音楽院にてアレクセイ・リュビモフ教授が当時新設した鍵盤楽器科に入学。同教授に師事しピアノのほか古楽器とオルガンも学ぶ。その後、パリのスコラ・カントルム音楽院にて研鑽を積み、現在はモスクワ音楽院にてリュビモフ氏の助手を務める傍ら、自身のクラスで後進の指導にあたっている。

2005年ニコライ・ルービンシュタイン国際ピアノコンクール(パリ)第1位受賞をはじめ、同年ホロヴィッツ記念国際ピアノコンクール(キエフ)で特別賞、2006年スクリャービン国際ピアノコンクール(パリ)にて第1位、同年マリア・ユーディナ国際ピアノコンクール(サンクトペテルブルク)最高位、2008年リヒテル国際ピアノコンクールでは審査委員長のヴァレリー・アファナシエフに絶賛されモスクワ市政府賞を受賞するなど、数々の著名なコンクールにて好成績を残す。

欧州を中心に演奏活動を行っており、著名な音楽祭への招待も数多い。2009年にはラ・ロック・ダンテロン国際ピアノ音楽祭(フランス)、クララ音楽祭(ベルギー)、2016年、ショパンと彼のヨーロッパ国際音楽祭(ポーランド)に出演し絶賛を浴びる。これまでに、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団やモスクワ国立交響楽団と共演を果たし、2010年にパリのシテ・ドゥ・ラ・ミュージックにおいてエマニュエル・クリヴィヌ指揮の下、リストのピアノ協奏曲第2番を演奏し高く評価された。日本では2015年に東京交響楽団(指揮:マルク・ゴレンシュタイン)とサントリーホール、ミューザ川崎にて共演した。

2014年にリリースし、ディアパソン賞(仏)を受賞したCD「Exploring Time With My Piano」(ALPHA)では、現代ピアノでバロック音楽を再現するという観点からはなれ、現代ピアノの技法を尊重しつつ新しいバロック音楽の可能性を見事に明示している。2015年に「ソナタ&トランスクリプションズ」(IMC)を、2016年には初来日公演時のライヴ録音「Live in Tokyo 2015」(IMC)をリリースした。

参考サイト: