MENU
公演情報詳細
ODSシアター「坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async」
2019年12月10日(火)19:00開演(18:00開場)
世界でたった200人しか観られなかった幻のNYライブ・パフォーマンスを迫力の大スクリーン&サラウンドシステムのスタジオシアターで鑑賞
スタジオシアター
終了
詳細を見る

ODSシアターとは

日本の伝統芸能や音楽ライブ、演劇、オペラなどのステージを映像化した作品を、最新鋭の映写・音響システムを備えたスタジオシアターで上映する高崎芸術劇場の「ODSシアター」シリーズ。細部まで鑑賞できるよう高度な技術で撮影・編集された名演を、ライブとは一味違う新感覚の臨場感でお楽しみいただけます。

※ODS=Other Digital Stuff(Source)の略。元は「映画館で上映される映画以外のコンテンツ」の意。


ODS第二弾は坂本龍一作品
”あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった”楽曲を披露


世界的音楽家として評価されている坂本龍一が2017年に発表したオリジナルアルバム「async」のリリースを記念して、同年4月、ニューヨークのパーク・アベニュー・アーモリーで行われた、世界でたった200人しか観られなかったニューヨーク限定ライブの完全収録版作品。

坂本龍一渾身のパフォーマンスが5.1chの音響とともにスクリーンに甦り、まるでライブ会場にいるかのような音楽空間を体験できます。アンドレイ・タルコフスキー監督の「架空の映画音楽を書く」というコンセプトの下、ピアノやガラス板などを駆使して「非同期的な音楽を作りたい」と坂本龍一本人が感じるまま演奏したパフォーマンスと、「あまりに好きすぎて、誰にも聴かせたくなかった」と坂本龍一本人が語るほどの楽曲を、高崎芸術劇場スタジオシアターの非日常空間でぜひご堪能ください。


公演詳細


【日時】
12月9日(月)13:30開演(12:30開場)→12月9日公演のチケット購入はこちら
12月10日(火)19:00開演(18:00開場)

【上映作品】
『坂本龍一 PERFORMANCE IN NEW YORK: async』
(原題|RYUICHI SAKAMOTO: async AT THE PARK AVENUE ARMORY)
監督|スティーブン・ノムラ・シブル『Ryuichi Sakamoto: CODA』
製作/プロダクション|CINERIC BORDERLAND MEDIA
協力|commmons, Avex Entertainment Inc.
配給|ライブ・ビューイング・ジャパン (c)KAB America Inc./SKMTDOC,LLC
2017年|アメリカ・日本|カラー|5.1chサラウンド|DCP|65分

映画公式サイト|https://liveviewing.jp/contents/sakamotoasync/

※本作は実際のライブ会場と同じ感覚でお楽しみいただくため、日本語字幕スーパーを入れておりません。

【チケット発売】
web・電話・窓口:11月8日(金)10:00~

【料金】
全席自由 2,500円