MENU
公演情報詳細
supported by BLUE NOTE TOKYO
Tokyo Zawinul Bach・Reunion "REBIRTH"
2021年10月29日(金)19:00開演(18:15開場)
リユニオン・ライヴの再演が決定! 伝説の近未来ジャズ・アンサンブルが蘇る
スタジオシアター
発売中
詳細を見る

東京ザヴィヌルバッハ・リユニオン『RIBIRTH』
Tokyo Zawinul Bach・Reunion "REBIRTH" supported by BLUE NOTE TOKYO

【出演】
坪口昌恭(ピアノ、ローズ、シンセサイザー、エフェクト、PC)
菊地成孔(サックス、CD-J、ヴォイス)
五十嵐一生(トランペット、エレクトロニクス)
織原良次(フレットレス・ベース)
守 真人(ドラムス、パッド)

【チケット発売】
Web先行:8月28日(土)12:00~
電話発売:8月30日(月)10:00~
窓口発売:8月31日(火)10:00~
イープラス:8月28日(土)12:00~ 

【料金】
全席指定 5,000円(U-25 2,500円)
※未就学児の入場はご遠慮ください

【プロフィール】
坪口昌恭が主宰するエレクトロ・ジャズ・ユニット、東京ザヴィヌルバッハ。結成20周年の節目となる2019年に結成当時のメンバー、菊地成孔、五十嵐一生を呼び戻して開催した奇跡のリユニオン・ライヴの再演が決定。1999年に坪口のリーダーユニットとして始動し、自動変奏シーケンサー“M”を駆使した “マン×マシーン・ランダム・コラージュ”で近未来ジャズのスタイルを開拓。2010年からは坪口のソロ・ユニットにシフトし、2012年以降は織原良次、守真人ら若手メンバーと共に人力によるダイナミックなサウンドをアピールしてきた。坪口、菊地、五十嵐の強烈な個性がトライアングルを形成し、毒をもってハートに訴えるという他に類を見ない近未来ジャズ・アンサンブル。伝説がいま蘇る。

【主催】
高崎芸術劇場

【協力】
BLUE NOTE JAPAN
イープラス
坪口昌恭
菊地成孔
五十嵐一生
織原良次
守 真人