公演概要
 — Performance
outline — 

発売前
ファジル・サイ
ピアノ・リサイタル
各アイコンのクリックで購入ページへ

日時:

2018 年 11 月 03 日(土)
14:00 開演(13:30 開場)

会場:

料金:

全席指定 6,000円(友の会5,500円)
U-25 2,500円
※税込
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は公演当日25歳以下が対象です。

チケット発売日:

窓口販売
2018 年 07 月 13 日(金)10:00~
インターネット販売
2018 年 07 月 13 日(金)13:00~

問い合わせ:

主催:

プレイガイド:

概要:

《鬼才の秋・後篇》各地の音楽シーンを席巻する孤高の天才ピアニスト

出演:

ファジル・サイ(ピアノ)

曲目:

ショパン / 3つのノクターン(遺作)
ベートーヴェン / ピアノ・ソナタ第23番 ヘ短調 op.57 「熱情」
ドビュッシー / 前奏曲集第1巻から
デルフィの舞姫たち
野を渡る風
音と香りは夕べの大気に漂う
亜麻色の髪の乙女
沈める寺
パックの踊り
ミンストレル
サイ / ピアノ・ソナタ「ゲジ・パーク2」

プロフィール:

■ファジル・サイ(ピアノ) Fazil Say,Piano
1970年トルコ生まれ。アンカラ国立音楽院でピアノと作曲を学んだ。17歳でデュッセルドルフのシューマン音楽院に留学。その後ベルリン音楽院で学び、1994年ヤング・コンサート・アーティスト国際オーディションで優勝。その後ニューヨーク・フィル、イスラエル・フィル、ロイヤル・コンセルトヘボウ管、サンクトペテルブルク・フィルをはじめとする世界一流のオーケストラと定期的に共演している。またルツェルン・フェスティバル、ザルツブルク音楽祭、ヴェルビエ音楽祭、ボンのベートーヴェン音楽祭などに出演し、アムステルダム・コンセルトヘボウ、ウィーン楽友協会、サントリーホール、カーネギーホール、ベルリン・フィルハーモニーなど数々の檜舞台で演奏している。2008年には5日間にわたってファジル・サイ・プロジェクト in Tokyo を行い、大きな話題を集めた。

作曲の才能にも恵まれ、16歳で作曲した「Black Hymns」はベルリン建都750周年記念行事で演奏された。1991年には「ヴァイオリンとピアノのための協奏曲」をベルリン交響楽団と共に自ら初演した。1996年にはボストンでピアノ協奏曲第2番「シルクロード」を初演し、トルコ文化庁の委嘱によるオラトリオ「ナズム」は、トルコの有名な詩人ナズム・ヒクメトの詩を題材に、2001年アンカラでトルコ大統領臨席のもと初演された。2006年にはザルツブルク音楽祭のために「In the Serai(後宮の中で)」を作曲。2007年には日本のアニメーション映画「オオカミくんはピアニスト」の音楽を担当し、この映画は75周年にあたる同年のヴェネチア国際映画祭に出品された。
近年の作品は、交響曲第1番「イスタンブール・シンフォニー」(2010年/ドルトムント・コンサートホール、ケルンWDR響共同委嘱)、交響曲第2番「メソポタミア」(2012年/イスタンブール・フェスティバル委嘱)、クラリネット協奏曲「Khayyam(ハイヤーム)」(2011年/シュレスヴィヒ=ホルシュタイン音楽祭委嘱)、クラリネット・ソナタ(2012年/バート・キッシンゲン音楽祭委嘱)、チェロ・ソナタ(2012年/BBC委嘱)などが挙げられ、2012年10月には、交響曲「Universe(宇宙)」(ザルツブルク・モーツァルテウム管弦楽団委嘱)が発表された。

レコーディングは、1998年にリリースされたデビューCD『トルコ行進曲~サイ・プレイズ・モーツァルト』が絶賛を博し、ストラヴィンスキーの『春の祭典』では、1人で4手のパートを演奏、大ヒットとなり、01年度エコー・クラシックス賞など数々の賞に輝いた。『モーツァルト:ピアノ協奏曲集』『ベートーヴェン:ソナタ集』、また自作を集めた『ブラック・アース』、そして最新の自作曲を収めた『ハーレムの一夜』もリリースしている。2009年には2006、07年に東京・紀尾井ホールで行われたリサイタルのライブDVD、2012年には『展覧会の絵』のCD、DVDがリリースされた。2014年に『ベートーヴェン:ピアノ協奏曲第3番、ソナタ第32番&月光』と『交響曲第2番《メソポタミア》&第3番《ユニヴァース(宇宙)》』を発売。2016年秋はモーツァルトのピアノ・ソナタ全集をリリースし、2017年に4度目になるエコー・クラシック賞を受賞した。2017年に『ショパン:ノクターン集』とニコラ・アルトシュテットとのデュオの『4つの街~チェロ・ソナタ集』、その他リリース。
2014年にサイ作曲の交響曲第1番「イスタンブール」が日本初演。2018年11月に交響曲第2番「メソポタミア」も東京で初めて日本で演奏される予定。

参考サイト: