MENU
公演情報詳細
辻井伸行×神尾真由子
究極の協奏曲コンサート
2021年3月26日(金)19:00開演(18:00開場)
まさに究極!日本を代表するソリストの熱演を同じステージで堪能する超特別なコンサート! 名指揮者ゲルギエフも絶賛する辻井! 世界を制覇した躍動感あふれる神尾! それぞれのチャイコフスキーを、スター・ソリストと日本を代表するオーケストラが奇跡の競演!
大劇場
発売前
Web先行 2020年11月28日(土)10:00より発売
詳細を見る

【出演】
辻井伸行(ピアノ)
神尾真由子(ヴァイオリン)
秋山和慶(指揮)
読売日本交響楽団

【プログラム】
チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲(ヴァイオリン:神尾真由子)
チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番(ピアノ:辻井伸行)

【高崎芸術劇場でのチケット発売】
Web先行:11月28日(土)10:00~
電話発売:11月30日(月)10:00~
窓口発売:12月 1日(火)10:00~

【料金】(全席指定・税込)
S席12,000円 A席10,000円 B席8,000円

◆注意事項 
※チケットはお1人様4枚までとさせていただきます。
※未就学児童のご入場はお断りいたします。
※車椅子でご来場されるお客様はご購入前にチケットスペース(03-3234-9999)まで必ずお問い合わせください。
※曲目・曲順等に変更がある場合がございます。
※新型コロナウィルス感染症対策の最新情報・ご来場のお客様へのお願いはチケットスペースのHP(https://www.ints.co.jp/kyuukyoku2021.html)をご確認ください。

【出演者プロフィール】
■辻井伸行(ピアノ)
Nobuyuki Tsujii, piano
2009年6月、第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクールで日本人として初優勝して以来、国際的に活躍している。ニューヨークのカーネギーホールの主催公演、イギリス最大の音楽祭「プロムス」へのBBCフィルとの出演、ウィーン楽友協会やベルリン・フィルハーモニー、パリのシャンゼリゼ劇場などの世界の著名なホールでの演奏会はいずれも絶賛され、ゲルギエフやアシュケナージなどの世界的指揮者との共演も常に高い評価を受けている。CDも積極的に発表し、2度の日本ゴールドディスク大賞を受賞。作曲家としても高い人気を誇り、映画《神様のカルテ》で「第21回日本映画批評家大賞」を受賞したほか、数多くの映画やドラマのテーマ曲を手掛けている。

■神尾真由子(ヴァイオリン)
Mayuko Kamio, violin
4歳よりヴァイオリンをはじめる。2007年に第13回チャイコフスキー国際コンクールで優勝し、世界中の注目を浴びた。国内の主要オーケストラはもとより、チューリッヒ・トーンハレ管弦楽団、バイエルン州立歌劇場管弦楽団、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団などと共演。これまで里屋智佳子、小栗まち絵、工藤千博、原田幸一郎、ドロシー・ディレイ、川崎雅夫、ザハール・ブロンの各氏に師事。楽器は宗次コレクションより貸与されたストラディヴァリウス1731年製作「Rubinoff」を使用している。大阪府知事賞、京都府知事賞、第13回出光音楽賞、文化庁長官表彰、ホテルオークラ音楽賞はじめ数々の賞を受賞。

■秋山和慶(指揮)
Kazuyoshi Akiyama, conductor  
1941年生まれ。アメリカ響音楽監督、バンクーバー響音楽監督(現在桂冠指揮者)、シラキュース響音楽監督、東京響音楽監督・常任指揮者、大阪フィル首席指揮者、札幌響首席指揮者、広島響首席指揮者、九州響首席指揮者などを歴任。  これまでにサントリー音楽賞、渡邉暁雄音楽基金特別賞、川崎市文化賞をはじめ、東京交響楽団とともに毎日芸術賞、京都音楽大賞、モービル音楽賞を受賞。2001年紫綬褒章、2011年旭日小綬章を受章。2014年度文化功労者に選出、また中国文化賞(広島)、徳島県表彰特別功労賞を受賞。現在、中部フィルハーモニー交響楽団芸術監督・首席指揮者、日本センチュリー交響楽団ミュージックアドバイザー、東京交響楽団桂冠指揮者、広島交響楽団終身名誉指揮者、九州交響楽団桂冠指揮者、洗足学園音楽大学芸術監督・特別教授、京都市立芸術大学客員教授など多くの任を務めている。

■読売日本交響楽団
Yomiuri Nippon Symphony Orchestra, Tokyo
1962年、日本のクラシック音楽の振興と普及のために読売新聞社、日本テレビ放送網、読売テレビのグループ3社を母体に設立された。創立以来、世界的な指揮者、ソリストと共演を重ねている。現在、常任指揮者をセバスティアン・ヴァイグレが務め、東京のサントリーホールや東京芸術劇場などで演奏会を多数開催している。2017年11月にはメシアンの歌劇〈アッシジの聖フランチェスコ〉(全曲日本初演)が好評を博し、『音楽の友』誌の「コンサート・ベストテン」で第1位となったほか、第49回サントリー音楽賞、レコード・アカデミー賞(特別部門)を受賞した。《定期演奏会》などの様子は日本テレビ「読響シンフォニックライブ」で放送されている。

【辻井伸行オフィシャル・エアライン】
全日本空輸株式会社

【主催/企画・制作】
エイベックス・クラシックス・インターナショナル 

【共催】
高崎芸術劇場

【制作協力】
インタースペース

©Yuji Hori
©Makoto Kamiya
©読売日本交響楽団