MENU
公演情報詳細
supported by ブルーノート東京
アルフレッド・ロドリゲス・トリオ presented by クインシー・ジョーンズ・プロダクションズ
2022年6月12日(日)18:00開演(17:15開場)
ポピュラー・ミュージック史に輝く名プロデューサー、クインシー・ジョーンズが惚れ込んだ天才として知られるキューバ出身のピアニスト、アルフレッド・ロドリゲスが3年ぶりに来日公演を行う。スイスのモントルー・ジャズフェスでクインシーの目に留まり、2012年にワールド・デビュー。雄大で独創的なピアノで一躍人気アーティストの仲間入りを果たしジャンルを超えたトップ・アーティストたちとの共演も話題に。コロナ禍も精力的に発信し続けてきた彼のようやく実現するライヴ・ステージに期待が高まる。
スタジオシアター
発売中
詳細を見る

ALFREDO RODRIGUEZ TRIO presented by QUINCY JONES PRODUCTIONS
supported by BLUE NOTE TOKYO

【出演】
Alfredo Rodriguez (p, vo)
アルフレッド・ロドリゲス(ピアノ、ヴォーカル)
Panagiotis Andreou (b)
パナギオティス・アンドレウ(ベース)
Michael Olivera (ds)
マイケル・オリヴェラ(ドラムス)

【チケット発売】
Web先行:4月16日(土)12:00
電話発売:4月19日(火)10:00
窓口発売:4月20日(水)10:00
イープラス:4月16日(土)12:00

※未就学児の入場はご遠慮ください。
※車椅子席、介助席のご購入はチケットセンター(027-321-3900)まで電話でお申し込みください。

【料金】
全席指定 5,500円(U-25 2,000円)

【プロフィール】
■アルフレッド・ロドリゲス(ピアノ、ヴォーカル)
キューバ・ハバナ生まれ。音楽院でクラシック・ピアノを学び、今世紀に入ってからジャズの道へ。2006年モントルー・ジャズ祭に登場して称賛を浴び、2009年に拠点をアメリカに移した。2010年に自作曲「Better City, Better Life」が上海万博の公式テーマ曲として選出され、2011年に初来日。以降、毎年のように公演し、自身のユニットやリチャード・ボナ等とのセッションで多くのファンを楽しませている。最新作はパーカッション奏者ペドリート・マルティネスとの『デュオローグ』。

OFFICIAL HP:http://www.alfredomusic.com
OFFICIAL YouTube:https://www.youtube.com/user/alfredorsmusic

【主催】
高崎芸術劇場

【協力】
BLUE NOTE JAPAN
イープラス
Alfredo Rodriguez (p, vo)
Panagiotis Andreou (b)
Michael Olivera (ds)