MENU
公演情報詳細
高崎芸術劇場 大友直人Presents
T-Shotシリーズ vol.5
戸澤采紀 ヴァイオリン・リサイタル
2021年10月30日(土)13:30開演(12:45開場)
芸術監督大友直人がプロデュースする若手演奏家プロジェクトの第五弾
音楽ホール
発売中
詳細を見る

皆さまが安心して鑑賞いただけるようこちらページの「■公演を鑑賞されるお客様へ」をご一読ください。

【出演】
 戸澤采紀(ヴァイオリン) 、林絵里(ピアノ)

【曲目】
 モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ 変ロ長調 K.454
 サン=サーンス/ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ニ短調 Op.75
 *
 プロコフィエフ/ヴァイオリン・ソナタ 第1番 ヘ短調 Op.80

【チケット発売】
 Web先行:7月14日(水)
 電話発売:7月15日(木)
 窓口発売:7月16日(金)


 ◆注意事項
 ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
 ※曲目・曲順等に変更がある場合がございます。
 ※演奏中・楽章間の移動はご遠慮ください。
 ※やむを得ず公演中止の場合を除き、一度購入されたチケットの払い戻し、
  交換はいたしかねますのでご了承ください。
 ※当日は、ラジオ公開生放送及びCD/DVD用の録音/撮影を行いますので、
  会場内にマイク・カメラ等が設置されます。
  お席によっては演奏者が見えづらくなる場合がございますので、ご了承ください。
 ※車椅子席、介助席のご購入はチケットセンターまで電話でお問合せください。

【料金】
 全席指定 2,000円

【出演者プロフィール】
 ■戸澤采紀
 第85回日本音楽コンクール最年少優勝、ティボール・ヴァルガ国際ヴァイオリンコンクール第2位(最
 高位)、第69回全日本学生音楽コンクール第1位等、数々のコンクールで入賞。
 これまでにヴァイオリンを玉井菜採、ジェラール・プーレ、保井頌子、ドンスク・カン、堀正文の各氏
 に、室内楽を原田幸一郎氏に師事。江副記念リクルート財団第48回奨学生。チェルカトーレ弦楽四重
 奏団ヴァイオリン奏者として、サントリーホール室内楽アカデミー第5期、プロジェクトQ第17章、第
 18章に参加。第8回秋吉台音楽コンクール弦楽四重奏部門第3位、クフモ室内音楽祭(フィンランド)
 オレグ・カガン メモリアルファンドスカラシップ受賞。ローザンヌ室内管弦楽団、読売日本交響楽
 団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、群馬交響楽団など国内外のオーケストラと共演。浜離
 宮朝日ホール、トッパンホールにてリサイタルを開催し、好評を博す。
 使用楽器は、文京楽器の協力によりBeare's International Violin Societyから貸与されている
 Matteo Goffriller。
 東京藝術大学に宗次德二特待奨学生として在学中。

 ■林絵里
 東京生まれ。4才よりピアノを始める。1977年第31回全日本学生音楽コンクール、奨励賞受賞。桐朋
 女子高校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部卒業。ピアノを樋口恵子、弘中孝、故中島和彦の各氏に
 師事。卒業後、同大学に於いて、2年間、弦楽科伴奏研究員を務める。1986年第8回チャイコフスキー
 国際音楽コンクールのチェロ部門で最優秀伴奏者賞を受賞。1986年より日本国際音楽コンクールヴァ
 イオリン部門の公式ピアニストを務める。1991年、ミュンヘンにて、ワルター・ノータス氏に師事。
 これまで、スティーブン・イッサーリス、エリック・シューマン、アラベラ・美歩・シュタインバッハ
 ー、レイ・チェン、徳永二男の各氏をはじめ、国内外の数多くの演奏家と共演。又、NHK交響楽団メ
 ンバーとの室内楽、仙台フィルハーモニー管弦楽団との共演、NHKFM、CDの録音、NHKテレビ「ら
 ららクラシック」出演など、共演ピアニストとして活躍中。

【主催】
 公益財団法人 高崎財団

大友直人 ©Rowland Kirishima
戸澤采紀 ©SmileStyleSutudio
林絵里