MENU
English
公演情報詳細
セキスイハイム presents
ヴァシリー・ペトレンコ指揮
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
ピアノ:辻井伸行
2023年5月23日(火)19:00開演(18:00開場)
ロイヤルの称号をもち≪女王陛下のオーケストラ≫とも称されるイギリスの名門ロイヤル・フィルが音楽監督のヴァシリー・ペトレンコに率いられ待望の来日! 地元ロンドンでも高く評価されるピアニスト辻井伸行との共演が決定。
大劇場
発売中
詳細を見る

【出演】
ヴァシリー・ペトレンコ(指揮)
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
辻井伸行(ピアノ)

【曲目】
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲第1番[ピアノ:辻井伸行]
ショスタコーヴィチ/交響曲第8番

【料金(税込)】
全席指定
SS席 15,000円
S席 12,000円
A席 10,000円
B席 8,000円(U-25:4,000円)
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※U-25料金は、公演当日25歳以下の方が対象です。当日、年齢のわかる身分証明書をご持参ください。
※車椅子席・介助席のご購入は高崎芸術劇場チケットセンター(TEL:027-321-3900)まで電話でお申し込みください。

【チケット発売】
≪Web先行≫
1月27日(金)10:00~
高崎芸術劇場メンバーズ 
≪電話≫
1月31日(火)10:00~
高崎芸術劇場チケットセンター 
TEL:027-321-3900(10:00~18:00)
≪窓口≫
2月1日(水)10:00~
高崎芸術劇場2Fチケットカウンター(10:00~18:00)
ほか高崎市内9か所の高崎市施設プレイガイド
※電話発売で完売した場合は窓口での販売はございません。
≪外部プレイガイド≫
1月27日(金)10:00~
・チケットぴあ(Pコード:234-273)
・イープラス

【出演者プロフィール】
■ヴァシリー・ペトレンコ(指揮)
Vasily Petrenko,conductor

1976年生まれ。サンクトペテルブルク音楽院で学び、2006年にロイヤル・リヴァプール・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者、2013年からはオスロ・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者を務め、両楽団とレコーディングしたショスターコヴィチをはじめとする数多くのCDは世界中で高く評価され数々の音楽賞を受賞している。
これまでにベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ロンドン交響楽団、フランス国立管弦楽団をはじめとする世界の主要オーケストラへ数多く客演、2021年のシーズンからイギリスのロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任している。若手の育成にも力を注いでおり、EUユース・オーケストラの首席指揮者も務めている。

■ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
Royal Philharmonic Orchestra

1946年にサー・トーマス・ビーチャムが設立。ロイヤルの称号を英国王室から許可されたイギリスを代表するオーケストラである。ロンドンを拠点に、クラシックの演奏会のほかにサウンドトラックのレコーディングやポップスターとの共演など、年間200公演を超えるコンサートを開催し、幅広いファンを獲得している。歴代の首席指揮者は創設者サー・トーマス・ビーチャムを皮切りに、アンドレ・プレヴィン、ウラディミール・アシュケナージ、シャルル・デュトワなど世界的な名指揮者が務めており、2021年のシーズンからは、CDが世界中高い評価受けているヴァシリー・ペトレンコを音楽監督に迎え、ロンドンのオーケストラ界でもっとも注目を集める存在となっている。

辻井伸行 (ピアノ)
Nobuyuki Tsujii, piano

2009年6月、「第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノ・コンクール」において日本人として初優勝を飾る。以来、世界的なピアニストのひとりとして活躍し、ニューヨークのカーネギーホールの主催公演やイギリス最大の音楽祭「BBCプロムス」などに出演し大成功を収めたほか、ウィーン楽友協会やベルリン・フィルハーモニー、パリのシャンゼリゼ劇場などの世界の著名ホールで例年コンサートを開催し、高い評価と多くの聴衆の支持を得ている。また、欧米の一流オーケストラからのソリストとしての出演希望も数多く寄せられ、ゲルギエフやアシュケナージなどの世界的指揮者からも高い評価を受け、これまでに数多くの共演を行っている。

【特別協賛】
セキスイハイム

【辻井伸行オフィシャル・エアライン】
全日本空輸株式会社

【主催】
高崎芸術劇場(公益財団法人 高崎財団)

【後援】
ブリティッシュ・カウンシル

【企画・制作】
エイベックス・クラシックス・インターナショナル 

【制作協力】
インタースペース 

チケットぴあ
イープラス
辻井伸行(C)Hori Yuji
Vasily Petrenko(C)Svetlana Tarlova
Royal Philharmonic Orchestra (c) Ben Wright
TOPICS