MENU
公演情報詳細
フォーレ四重奏団
2020年10月11日(日)14:00開演(13:30開場)
フランスの大作曲家の名を冠することを許される名門アンサンブル。 録音が高く評価されているムソルグスキー『展覧会の絵』は圧巻!
New
音楽ホール
発売前
Web先行 2020年3月13日(金)10:00より発売
詳細を見る

【日時】2020年7月4日(土)14:00開演(13:30開場)
【会場】高崎芸術劇場 音楽ホール
【出演】
フォーレ四重奏団(ピアノ四重奏)
 
【曲目】
ベートーヴェン/ピアノ四重奏曲 変ホ長調 op.16
フォーレ/ピアノ四重奏曲第1番 ハ短調 op.15
ムソルグスキー/展覧会の絵

【チケット発売】
Web:3月13日(金)10:00~
電話:3月16日(月)10:00~
窓口:3月17日(火)10:00~
【料金】全席指定 5,000円(U-25 2,000円)

【出演者プロフィール】
■フォーレ四重奏団(ピアノ四重奏団)Fauré Quartett, Piano Quartet
 エリカ・ゲルトゼッツァー(ヴァイオリン)
 サーシャ・フレンブリング(ヴィオラ)
 コンスタンティン・ハイドリッヒ(チェロ)
 ディルク・モメルツ(ピアノ)

1995年、フォーレ生誕150周年の年にドイツ・カールスルーエ音楽大学で結成された。常に変化する時代の中で多様なレパートリーに挑戦し続けることによって、わずか数年で世界屈指のピアノ四重奏団としての地位を確立した。室内楽における新たなサウンドの領域を発見し、主流なレパートリー以外の作品も積極的に取り組んでいる。
2006年、名門ドイツ・グラモフォンと契約を結び、『ポップソングス』と『ブラームス:ピアノ四重奏曲第1番&第3番』でエコー・クラシック賞を受賞。モーツァルトとメンデルスゾーンの録音も好評を博す。2014年ソニー・クラシカルより『R.シュトラウス&マーラー:ピアノ四重奏曲集・歌曲集』(ソプラノ:ジモーネ・ケルメス)を、2018年ベルリン・クラシックスより『展覧会の絵』をリリース。

【主催】高崎芸術劇場
フォーレ四重奏団
フォーレ四重奏団
TOPICS