MENU
公演情報詳細
イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)&
アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ)
2019年10月30日(水)19:00開演(18:30開場)
音楽ホール
発売中
詳細を見る

【曲目】
ドビュッシー/ヴァイオリン・ソナタ
バルトーク/ヴァイオリン・ソナタ第1番
ストラヴィンスキー/協奏的二重奏曲
フランク/ヴァイオリン・ソナタ イ長調
【チケット発売】
5回セット券:5月31日(金)10:00~
web先行:6月14日(金)10:00~
電話先行:6月19日(水)、20日(木)10:00~18:00
一般発売:6月21日(金)《窓口》10:00~ 《電話》13:00~
【料金】
全席指定8,000円(U-25:2,500円)

【出演者プロフィール】
■イザベル・ファウスト(ヴァイオリン)
 Isabelle Faust, violin
音楽的歴史文脈とそれにふさわしい楽器、そして現代の知識に基づいた忠実な音楽解釈で世界中の聴衆を魅了している。ビーバーからヘルムート・ラッヘンマンまで、幅広い作品をレパートリーとする。
レオポルド・モーツァルト・コンクールおよびパガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールで優勝し、一躍世界的に注目される。これまでに、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ボストン交響楽団、ヨーロッパ室内管弦楽団、フライブルク・バロック・オーケストラをはじめとする世界の主要オーケストラと、クラウディオ・アバド、ジョヴァンニ・アントニーニ、フランス・ブリュッヘン、ジョン・エリオット・ガーディナー、ベルナルト・ハイティンク、ダニエル・ハーディング、フィリップ・ヘレヴェッヘ、アンドリス・ネルソンス、ロビン・ティッチアーティ等の指揮者と共演している。
あらゆる時代と様式の楽器に精通し、芸術的探究心と豊かな知性を併せ持つ。ファウストは音楽をただそれだけのものとして終わらせることは決してせず、献身的に繊細さと良心をもって作品の本質を昇華させる。通常のコンチェルト・レパートリーに加え、シューベルトの八重奏曲を古楽器で演奏し、クルターグの《カフカ断章》をソプラノのアンナ・プロハスカと共演するほか、ストラヴィンスキーの《兵士の物語》ではドミニク・ホルヴィッツと共演している。現代作品にも精力的に取り組み、今後は、ペーテル・エトヴェシュ、オンドジェイ・アダーメク、マルコ・ストロッパ、オスカー・ストラスノイ、ベアート・フラーらの作品の初演が予定されている。
CDはハルモニア・ムンディより多数リリース。いずれも批評家から絶賛され、ディアパソン・ドール賞、グラモフォン賞、ショック・ド・ラネー賞をはじめ、数々の賞を獲得している。ピアニストのアレクサンドル・メルニコフとは長年にわたり室内楽で共演を続け、ベートーヴェンのソナタ全集をはじめ数々の録音を残している。
ケルン・フィルハーモニーの2018/19シーズンにおけるアーティスト・イン・レジデンスを務める。


■アレクサンドル・メルニコフ(ピアノ) 
 Alexander Melnikov, piano
1973年モスクワ生まれ。6歳でモスクワの中央音楽学校に入学し、モスクワ音楽院ではレフ・ナウモフ教授に学ぶ。
卒業後、ミュンヘンでエリソ・ヴィルサラーゼに師事。アンドレアス・シュタイアーやカール=ウルリッヒ・シュナーベルらから手ほどきを受けたほか、スヴャトスラフ・リヒテルとも親密な関係を築いた。
1989年のシューマン国際コンクール、1991年のエリザベート王妃国際音楽コンクールなど主要な国際ピアノコンクールで入賞、以来国際的に活躍している。
 ロイヤル・コンセルトへボウ管、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管、フィラデルフィア・オーケストラ、フランクフルト放送響、ロシア・ナショナル管、ミュンヘン・フィル、NHK交響楽団などや、プレトニョフ、クルレンツィス、デュトワ、パーヴォ・ヤルヴィ、ゲルギエフなどと共演を重ねている。
 室内楽ではワディム・レーピン、ナターリヤ・グートマン、ユーリー・バシュメット、アレクサンダー・ルディン、ピーター・ウィスペルウェイ、ジャン=ギアン・ケラスと共演。現在はイザベル・ファウストとデュオを組んでいる。また、アンドレアス・シュタイアーとピアノ・デュオ活動も行っている。
 ハルモニア・ムンディよりブラームス、ラフマニノフやスクリャービンのソロのほか、イザベル・ファウスト、ジャン=ギアン・ケラスなどとの共演による室内楽曲をリリース。イザベル・ファウストとのベートーヴェン・ヴァイオリン・ソナタ全集はドイツのエコー・クラシック賞およびグラモフォン・アワードを受賞。ショスタコーヴィチの「24のプレリュードとフーガ」は2010年の最優秀録音に贈られる“Choc de classica”賞を受賞した。

【その他プレイガイド】
チケットぴあ:0570-02-9999 Pコード=151-284
※チケットぴあは6/21(金)10:00発売。
©Felix Broede
TOPICS