MENU
公演情報詳細
Port of Notes
2020年11月15日(日)17:30開演(16:45開場)
ノスタルジックで暖かいアコースティック・サウンドが人気を博している畠山美由紀と小島大介によるデュオ 盟友ギタリストを迎えて贈る最新ステージ
スタジオシアター
発売中
詳細を見る

当公演は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、座席は前後左右に1席ずつ空席を設けております。
また、皆さまが安心して鑑賞いただけるようこちらのページの「■公演を鑑賞されるお客様へ」をご一読ください。

【出演】
Port of Notes (畠山美由紀 vo, 小島大介 gt)
小池龍平 gt/cho

【チケット発売】
Web・電話・窓口発売:9月18日(金)10:00~

【料金】
全席指定 4,000円(U-25 2,000円)

【主催】
高崎芸術劇場

【協力】
bud music

【出演者プロフィール】
■Port of Notes
畠山美由紀 (Vocal)と小島大介 (Guitar)によるアコースティック・デュオ。
’96年結成。翌年、EP『Port of Notes』でデビュー。現在までに4枚のオリジナル・アルバムを発表。’01年、POLA化粧品のTV CMソングとして「With This Affection」、’02年「Sailing To Your Love」、’03年「Those My Old Days」が使用される。

’01年12月、松任谷由実30周年カバー・アルバム『Queen’s Fellows』に参加、翌年1月、日本武道館で行われたYuming Tribute Concert “Queen’s Fellows”に出演。’04年に発売された、3rdアルバム『Evening Glow』では、松任谷由実の参加も話題となった。

’08年デビュー10周年を記念して、自身の選曲に新曲を加えたベスト盤『Blue Arpeggio~Own Best Selection~“青いアルペジオの歌”』をリリース。

’09年全曲NY録音、Jesse Harrisプロデュースによるオリジナル・アルバム『Luminous Halo~燦然と輝く光彩~』 をリリース。’17年12月、久しぶりとなる新曲「トラヴェシア」を発表、’18年7月新作EP『水蜜桃』をリリース。